HOME > 仏壇の選び方

仏壇の選び方

現代仏壇のコンセプトは魂棚。

仏教が日本に伝わるより、はるか昔から日本人は先祖供養を行っていました。民俗学の創始者といわれる柳田國男は、この供養壇を「魂棚」と表現し、古代からの風俗習慣を細かく検証しています。
現代仏壇は、この魂棚をコンセプトに生まれました。
宗派に沿ったお祀りはもちろん、写真立てや骨壷を中心とした形まで、今の暮らしに合わせて自由にお選びいただけます。
心から「選んで良かった」と思える仏壇と出会うために・・・。
ぜひ一度、大切な人をどのように祀りたいか、想いをめぐらせてみませんか。
一人ひとりの気持ちに寄り添う現代仏壇なら、ご満足のいく「わが家の仏壇」がきっと見つかります。

祀り方を考える

現代仏壇なら、どんな祀り方にもお使いいただけます。

  • ○仏式

    各宗派の教えに沿って仏像や掛軸を中心にお祀りする方法です。位牌や過去帳を置いて、仏具にご飯などお供えします。

  • ○宗派にこだわらない(無宗派)

    無宗派やお寺さんと付き合いのない場合など、仏像や掛軸を置かずに、写真や遺骨、思い出の品で故人を身近に感じながら供養します。

  • ○神式

    祖霊舎(それいしゃ)として神鏡と霊璽(れいじ)を安置して、米・塩・水・酒・榊をお供えします。現代仏壇に合うモダンな神具もございます。

  • ○キリスト教

    十字架や聖母像に日々の祈りを捧げる家庭祭壇です。位牌にクリスチャンネームやメッセージを刻んでモニュメントにすることもあります。

仏壇のタイプを選ぶ

現代仏壇は、部屋のイメージやライフスタイルに合わせて、様々なタイプからお選びいただけます。

  • ○台付きタイプ

    床置きにします。収納スペースが広くて道具や小物をスッキリ片付けることができます。
    経机や椅子付きなど便利な機能を備えたものもあります。

  • ○上置きタイプ

    家具や台の上に置くコンパクトサイズです。引越しや置き場所の移動が簡単に行えます。

  • ○壁掛けタイプ

    壁面へ取付けるタイプだから、省スペースで日常生活の動線を妨げません。設置する高さを自由にできるのもポイント。

  • ○オープンタイプ

    扉のないオープンタイプは、棚などにさり気なく置いて、より身近に故人を感じながらお祀りできます。

デザインを選ぶ

  • 椅子に座ってゆったりと手を合わせる

  • 場所を取らない壁かけ仏壇

  • オシャレなあの人らしい着せ替え仏壇

  • フォトフレームで身近にお祀り

現代仏壇は、モダン和風からヨーロピアンまで、幅広いテイストを200種類以上のバリエーションで展開。
家族の集まるリビングにも調和して、家具やインテリアとコーディネートすることができます。
日々の生活で大切な人とのつながりを感じる場所だからこそ、仏壇らしくないデザインにしたり特別感のあるもの空間にしたり、お好みに合わせて自由にお選びください。